弁護士 山崎 優blog

弁護士法人 菜の花

キャンパス・ハラスメント研修会

先日、公立鳥取環境大学で、「ハラスメントを未然に防ぐための対策について」というテーマで講演をさせていただきました。

内容としては、教職員の方向けと学生(1年生、3年生)向けに、大学(高等教育機関)特有の問題であるキャンパス・ハラスメント(セクハラ、パワハラ、アカハラ)に関する事例を紹介しつつ、基本的な防止策や対処策を示す、といった簡易なものでした。

まずは、教職員の方向け。

ごく普通の講義室内にはびっしりと教職員の方々が。

緊張、そして緊張。

裁判例をできるだけ詳細に紹介。

ところどころ噛みつつ、何とか終了です。

・・・

次に学生の方向け。

当日、担当の方に案内されると、そこはごく普通の講義室…ではない!

講義室とは聞いていましたが、想像してたのと違う。なんか大きなステージがある。

一気に汗が…

喉が渇く。こんなときに限って手持ちの飲み物もない。

そこにすかさず学校担当者からの水の差入れ。

さすがです!

学生向けなので、抽象的な用語の説明はほとんど省略し、事例で具体的イメージをつかんでもらえるような資料にしました。

これまた緊張しつつも、何とか終了。

・・・

普段仕事をしていても、滅多に遭遇することがないキャンパス・ハラスメント。

資料づくりは大変でしたが、とてもよい勉強の機会になりました。

また、大学側の悩みという部分も垣間見ることができました。参考になります。

遭遇しないのが一番ですが、もし遭遇した場合は、講演のことを思い出してもらえたらと思います。